ホーム > 臨時対応

新型コロナウィルスの影響による参拝制限の解除について

参拝制限の解除

 令和2年4月15日から約1か月半にわたり、新型コロナウィルス感染対策の一環として参拝制限を設けておりましたが、6月1日をもって解除することとなりました。参拝者の皆様におかれましては、期間中ご不便をお掛けしましたことを心よりお詫び申し上げます。

参拝 通常の参拝が可能になります(9:00~17:00)
ただし、鈴緒および手水舎の使用は当面の間使用禁止とします
出張祭典・御祈祷 受付します
御守・御朱印等授与の現地対応 対応します(混雑する場合は一時的に社務所の出入りを制限する場合があります)

これからの参拝について

 新型コロナウィルスは全国的に収束傾向にありますが、完全に鎮静化したわけでは御座いません。
 参拝者の皆様にはお手数をお掛けしますが、当面の間、下記の注意事項をお守りの上御参拝下さいますよう、お願いいたします。

  • 参道・社務所問わず、他の参拝者と混雑する場合は、極力接近を避け、一定の距離を置いて参拝すること。
    (社務所が混雑する場合は、一時的に出入りを制限する場合があります。)

  • 社務所等、他の参拝者と密になりやすいところでは、原則マスクを着用すること。

  • 社務所に入る場合は、入り口前の指先消毒をすること。

授与品郵送対応 終了について

 令和2年4月29日から実施しました上記措置は、参拝制限解除に伴い、5月29日0:00をもちまして新規申込の案内を終了しました。この度は参拝自粛と遥拝に御協力いただき、誠にありがとうございました。
 なお、郵送対応の申込は、5月31日までに郵送したものに限り対応させて頂きます。(6月1日以降に郵送されたものは受付しかねますのでご注意ください)

『遥拝記念御朱印』授与のお知らせ

授与期間令和2年6月1日~令和3年5月31日
初穂料なし(書置タイプ/1枚)
対象者令和2年4月29日~5月31日の間に『参拝自粛および遥拝による代替措置』を受けた方全員
※社務所で申込した際のお名前と都道府県をお伝えください

 今回の対応はあくまで臨時的な措置としており、「遥拝」による参拝は、実際に社寺に出向いてお参りすることで初めて完結します。
 この機会によって初めて当神社を知ったという方が、おそらく大多数かと思います。このご縁を大切に、いつか安全にお参りできるようになりましたら、是非ご自身の足で三戸大神宮までお参り下さいませ。
 参拝された際には、その証として、こちらの『再詣記念御朱印』を授与致します。

三戸大神宮